青森県平川市で遮光器土偶を作っている工房のブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢野工房とぬっ子本舗の関係についてですが・・・・。

お客さまよりお問い合わせがございましので、改めてお知らせいたします。

前任者の方が、以前のブログで少しだけご紹介していましたが、補足させて頂きます。

現在の夢野工房は、ぬいっ子本舗さんの敷地内にあり、日夜、土偶のレプリカ制作に勤しんでおります。(焼き釜は別の場所にあります)

あっ、その前に肝心なことを忘れていました! 

そもそものきっかけは? どうして、ぬいっ子本舗さんの敷地内に夢野工房が?経緯は?等など、
皆様、疑問に思うこと多いですよね。

なんでも夢野工房の柴谷先生と、ぬいっ子本舗の葛西さんとの運命的!?な出会いがきっかけだったそうです。

葛西さんが、仕事ではじめて夢野温泉に訪れたとき、ロビーに陳列している不思議な置物が目に飛び込んで来たそうです。
思わず、気持ちワル~イと叫んだかどうかはお聞きしておりませんが、とても衝撃的で興味深かったとおっしゃっていました。

柴谷先生の第一印象は、最初は普通だったんだけど、お話をしていくうちに、不思議な人だなあ~、変わっている人だなぁ~と思ったそうです。
なんと言っても、ず~と津軽に住んでいても津軽弁が話せないという事、シコタマ驚いたそうです!

(やはり、自称宇宙人だからでしょうか。)

「これは、どなたが制作されたのですか?」と、側におられた方に尋ねたところ、「はい、私がつくったんですよ!」と即答した方が、まさしく柴谷先生、ご本人だったそうです。

その後の詳しい経緯はお聞きしていませんが、やがて柴谷先生から一緒にやりませんか?と持ちかけたそうです。
色々とあったようですが、とりあえず「僕、つくる人、葛西さん、販売する人」に収まったそうです。

かくして、柴谷先生と葛西さんは、出会うべくして出会い、ビジネスパートナーとして出発したわけです。

「葛西さんには、前世で大変お世話になりました。私が、売れない画家(亡くなってから名声を得る)だった頃
 よく、援助してくれて助けていただきました。だから、これから恩返しをしなければならないのです」と、
 柴谷先生。

 はぁーっ!? ナニを言っているんだろー。大丈夫かなーと不安に思った、葛西さん。
 
今でもこの不安は、付きまとっているそうです。


                                       つづく・・・。
  


















スポンサーサイト
ご報告が遅れましたが、「土偶作家・柴谷こうじ先生と行く!宇宙と繋がる、青森ツアー」

無事、終了いたしました!

ご参加の皆様、大変お疲れさまでございました。

不慣れで手際が悪く、ご迷惑をおかけいたしましたことお許し下さい。

ハードなスケジュールにもかかわらず、めげずに、しかも笑顔を絶やさず、快く着いて来て下さいました。

皆様、本当に人格者でいらっしゃる。

お別れに、楽しかったです!!という温かいお言葉(そのセリフを待っていたのだ!)を頂いたときは、

胸をなでおろしました。同時に実施して良かったと素直にそう思いました。とても嬉しかったです。

ご参加頂きまして、誠にありがとうございました。

今回の課題を踏まえて、次回はもっと効率よくスムーズに進めて行くことが出来るよう努めてまいりたいと
思います。

ところで、工房で土偶制作中に、カッコー鳥が電線にとまって鳴いていました!!
お一人の参加者の方に、いたく感激されました! 

電線にとまって鳴いているカッコー鳥を見たのはハジメテだって。

そうか、気にしてなかった・・・・。 キミも歓迎してくれたんだね、アリガトウ。














いよいよ、明日に迫りました、宇宙への誘いツアー。

ドキドキしてきました。 大丈夫かな~、ちと不安です。

このところ青森はずっと雨。 明日は晴れの予想で、とりあえずホッとしてるんだけど・・・。

何かが起こる、イヤ--な気配が・・・。いやいや、そんなそんな、起こっては困ります。

とにかく、スケジュール通りに無事に終え、参加者の皆様に満足して頂けることを願うばかりです。

自信を持って、笑顔、笑顔。 頑張ろうね!


お願いしますよ 宇宙人先生!!。 そして、我が愛する土偶さま・・・。

お待たせいたしました! 

ちと、大袈裟ではございますが、近々に新商品の発表をさせて頂きます。

ずっと、あたためていました自信作です。ご案内したくてウズウズしておりました。

何しろ世界にひとつだけの作品です。ひとつひとつ違う顔を持っています。
(あれれ、聞いたことのあるセリフ!?)

 乞うご期待です!!

 でも・・・うまく画像を載せられるかしらん。

今後も、少しずつ夢野工房の作品(商品)についてご紹介していきますね!

末長いご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


追伸:スミマセン、ちょこっと出かけますので、今週はこの辺で。

                          
◇ 夢野工房 ショップサイトはコチラから

昨日、お知らせいたしました「土偶作家柴谷こうじ先生と供に行く宇宙への誘いツアー」の件ですが、
若干の余裕があるそうです。 

まだ、間に合いそうです。 お問い合わせ下さいね!

ご参加、切に希望いたしております!! よろしくお願い申し上げます。


ところで、火曜日のブログの中で、土偶を制作したのは、ほとんど男性かと思っていたら
ある雑誌に、主に女性の仕事だったと思うと記述されていました。

考えてみるとそうだよね~。(まだ、柴谷先生にはお聞きしていませんが・・・)
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 夢野工房 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。